家庭菜園のコスパを計算してみよう!ミニトマト編

未分類

家庭菜園で収穫できた野菜は、スーパーで買ってきたときのお金に換算するといくらになるの?

家庭菜園って本当に節約になるの?

…という疑問にお答えするシリーズの第二弾!今回は、プランターでミニトマトを栽培した時のコスパについて考えてみましょう!

まずは支出から。

家庭菜園のミニトマト栽培コスト

苗はタキイ種苗の「千果」を選びました。プロも栽培する、ミニトマトのスタンダードです。早くからたくさん採れて、失敗が少ない!プランター栽培なら、接木は不要です。

肥料は追肥に使います。4段目の花が咲いたら、1回1株あたり10gをパラパラまきます。それ以降は、5段目、6段目、7段目…と各段の開花に合わせて同じ量をあげてください。

潅水量は概算です。初期は1日300mlほどですが、最盛期は1〜2Lくらい必要になることも。

プランター、支柱は3年更新と考えて、必要数の1/3の数字を入れてみました。

以上をまとめると、支出は800円ほどです。

次に収入をみてみましょう!

1段につき、20個収穫できる計算です。ミニトマト1果あたりの重さは、15〜20gくらいでしょうか。

5月中旬に定植したら、7月ごろから収穫が始まります。夏場は生育が早いので、収穫量もピークに!9月の収穫がひと段落したら、霜が降りる11月までぼちぼちとれます。次の作もあるので、ここでは10月に収穫切り上げとしました。

単価は10月が高いようですね。夏の露地ものと冬のハウスものの端境期にあたるこの時期にたくさんとれれば、収入アップにつながります。肥料を切らさないよう、かわいがってあげましょう!

さて、これでプランター栽培ミニトマトのコスパが計算できますね。支出が800円、収入が2,800円なので、1株あたり2,000円の黒字!

2株で4,000円、3株で6,000円!ミニトマトはたくさんとれて単価も高い、コスパ最高の野菜なんですね。

この夏、栽培しない手はありません!みなさん、挑戦してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました