バケツでサツマイモを栽培してみよう!

プランター栽培

サツマイモの収穫、楽しいですよね。

形や大きさ色々だけど、どれも甘くて美味しい!

子どもの頃、保育園や小学校で収穫された方も多いのではないでしょうか。

実はサツマイモ、お庭がなくても栽培できるんです!

今回は、バケツを使ったサツマイモの栽培について、アメリカのGinaさんに教えていただきましょう。

Credit: Gina Welds Hulse

まずは、苗づくりから!(ホームセンターで購入することもできます)

3月、お部屋の暖かいところで芽出しをします。

水を薄く張ったお皿の上にサツマイモ(スーパーで売っているものでOK)を置く、または霧吹きするなどして湿度を確保すると、芽が出てきます。

こんな感じ。芽が出たあとに、3つに切り分けています。

バケツでサツマイモを育てよう!芽出し
Image credit: YouTube

4月ごろ、芽出しした芋をポットに植えて、ツルが20〜30cmになるまで育てます。このツルが苗になるんですね!切ってそのまま植えてもOKですが、ここでGinaさんの一手間。コップに苗をさして、根を出します。こうすることで、定植後にしっかり根付いてくれますよ。

バケツでサツマイモを作ろう!苗づくり
Image credit: YouTube

苗が仕上がるのが5月ごろ。少なくとも、6月末までには定植しましょう。

大きめのバケツに一般的な野菜用の培土を入れ、苗を寝かせて土をかぶせます。苗の先端が顔を出して入れば大丈夫です。

上手く根付いてくれるまで、こまめに水をあげてください。ツルが元気に伸び始めたら、あとは放置!乾き過ぎない程度に水をあげながら、10月の収穫期まで葉の緑を楽しみましょう。

基本的に追肥は不要ですが、夏場の早いうちに葉が黄色くなり始めたら、粒状の肥料をひとつまみパラパラあげてください。

バケツでサツマイモを育てよう!定植から収穫まで
Image credit: YouTube

10月になり、葉が黄色くなり始めたら収穫の合図!バケツをひっくり返して、サツマイモ掘りです。

バケツでサツマイモを育てよう!収穫
Image credit: YouTube

Ginaさん、お見事ですね。

とれたてよりも、2、3週間おいたほうが甘みが増して美味しいそうですよ。

お子さんも大喜びの簡単サツマイモ掘り、やってみましょう!

※動画および画像は、著作者の許可を得て掲載しています。Ginaさんのチャンネルはこちら!

Gina Welds
Gina Welds Hulse is an award-winning Artist and Photographer, VIDA Designer, Natural Health Advocate, Natural Health Coach, Herbalist and Aromatherapy consultan...

コメント

タイトルとURLをコピーしました