室内でベビーリーフを栽培しよう!バターヘッドレタス編

マイクログリーン

ベビーリーフ、使いやすくて便利ですよね。

そのままサラダにしてもいいし、お肉やピザのトッピングにしてもきれいに仕上がります。

でも、ベビーリーフ って少し高い気がする…

ベビーリーフは1パック30〜40g、それに対して玉レタスは1個350gくらいです。

量の違いに対して、価格はどちらも100〜150円くらいではないでしょうか。

…普段使いはちょっと難しいですね。

というわけで、自前で栽培してしまいましょう!

教えてくださるのは、アメリカのTikkiさんです。

タネをまく

用意するものは、排水穴のあるトレー1枚と穴のないトレー2枚、培土、タネです。

今回は、バターヘッドレタスをまきます。

いわゆるサラダ菜です。玉レタスと違ってカロテンが豊富!緑黄色野菜なんですね。

ただし、ベビーリーフ 向けとしての種はなかなか手に入らないみたいです。

こちらのベビーリーフミックスは20ml で200円代!まずはこれから始めてみましょう。

あとはトレーですね。

こんなやつ。ダイソーのプラスチック製品で代用してもOKです。

Image credit: YouTube

25cm四方のトレーに湿らせた培土を入れ、大さじ1杯(15ml)のタネをまきます。

最後に表面に水をスプレーし、3枚目のトレーをフタとしてかぶせます。

フタをして3日間待つ

フタをして、3日間暗くしておきます。

スプラウトみたいになりました!

Image credit: YouTube

のびのびですね。大丈夫なんでしょうか…

光の下に出して、2週間半ほど栽培する

フタを外し、光の下に出します。

窓際に置いてもよし、ライトの下に置いてもよしです。

播種して20日ほどで、収穫です!

Image credit: YouTube

やわらかくておいしそう!

のびたぶん、ボリュームが出ましたね。

1週間に1度のペースでタネをまけば、毎週新鮮なベビーリーフが食べられます!

部屋に置いておけば、緑が増えて一石二鳥です。

ぜひ、始めてみてください。

※動画および画像は、著作者の許可を得て掲載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました