家庭菜園でショウガを栽培しよう!

家庭菜園でショウガを栽培しよう プランター栽培

ショウガって、実は楽しみ方がたくさんあるんですね。

スーパーで見かける新ショウガやひねショウガの他に、若どりする葉ショウガや矢ショウガっていうものがあるそうです。

料亭に行くと出てくるんだとか…

生でも食べられるほど柔らかいそのお味、食べてみたい!というわけで、プランターでショウガを栽培してみましょう。

教えてくださるのは、オーストラリアのマークさんです。

マークさんの動画で勉強!

要約すると、こんな感じ。

  • 場所が大事:なるべく光の当たる場所で。日当たりがよければ、プランターでも栽培できます。
  • 土が大事:有機質をたくさん含み、水はけのよい土作りを目指そう。
  • 水が大事:芽が出るまでは、水やりを控えます。芽が出たら、たくさん水を与えます。
  • 植え方が大事:種イモは、5cm四方の大きさで。浅く植えた後、有機肥料をあげてマルチを敷きます。
  • 収穫を楽しもう:植物の高さが30cmを越えたら、ショウガが太り始めます。いつでも収穫OK!

日本語字幕付きです。まずは見て勉強しましょう!

やってみよう!

どうやら、芽が出るまでが難しいようですね。

まずは種イモ探しから。

ホームセンターで種イモを探したのですが、なぜかどこも売り切れ…

代わりに、近所のスーパーで見つけたくまモンの新ショウガを植えます。298円。

種イモを買うより安いですが、果たして芽は出るのでしょうか…

283gのうち、68g分を種イモとして使ってみます。

これで種イモ代は約72円です。

残りは里芋と一緒に煮物にして食べました。新ショウガって柔らかくて美味しいんですね。

とれたてを早く味わいたいものです。

よく見ると、芽のようなものが見えますね。

これを上にして植えてみました。

まだ霜が降りたりするので、室内待機です。

4月27日

3日後。

さすがにまだですね。笑

積算温度600℃で発芽するとの情報がありますが、仮に平均気温20℃とすると発芽まで30日かかる計算に。

長い戦いになりそうだぜ…

5月17日

定植から3週間が経ちました。

ショウガの芽出し

なにやら、芽らしきものが見え始めました!

それにしてもゆっくりですね。

見守りましょう。

5月30日

定植から約1ヶ月。

ここらで積算温度600℃に到達したかと思います。

新芽がやや膨らみましたが、とてもゆっくりですね。

まだまだ見守りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました