バケツでサトイモを栽培しよう!育苗・定植編

バケツでサトイモを栽培しよう プランター栽培

スーパーで買ったサトイモを放置していたら、芽が出てきちゃった!

こんな経験ありませんか?僕はやってしまいました。笑

購入して約2週間です。もったいないので、ポットにあげてみました。

サトイモの育苗

3月中旬でまだ寒いので、室内で育苗します。

LEDや蛍光灯で光を当ててあげてください。

室内での育苗は土があまり乾かないので、水のやりすぎには注意が必要です。

数日に一度、チビチビと水をあげましょう。

ポットにあげてから1ヶ月半、小さいながらもちゃんとサトイモの姿をしているのが可愛いですね。

サトイモの定植

5月になり最低気温が15℃付近まで上がってきたので、定植します。

用意するのは、45Lのポリバケツです。底に排水用の穴を開けておきましょう。

サトイモは、太い根がまっすぐ下に伸びる直根性の作物なんですね。

根鉢が回っていないので、土がくずれて根が切れないように、慎重に植えていきます。

あとで土寄せできるように、バケツにいれる土の量は8割ぐらいにしておいてください。

収穫は、秋の終わりです。生長が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました