滋賀の秘宝!在来種「弥平とうがらし」を栽培しよう

弥平とうがらしを栽培しよう 品種

みなさん、「弥平とうがらし」はご存知ですか?

私も滋賀に来て初めて知りましたが、知られざる激辛とうがらしが滋賀県湖南市にあるんです。

激辛ファンのみなさん、ぜひ栽培してみましょう!

在来種とは?

地方に古くから伝わる、伝統的な品種のことです。

近年の育種技術を駆使して育成されたF1品種と違い、地方によって様々なバリエーションが残されています。

固定種ですが、雑種強勢や耐病性育種なしで長い間その土地で生き抜いて来た、エリート中のエリートでもあります。

種苗メーカーは、こういった固定種を元素材としながら日々品種改良に励んでいるわけです。

「弥平とうがらし」とは

滋賀県湖南市にて古くか栽培されるとうがらしです。

その特徴は、何と言っても黄金に輝くその果色!

生果のままでも乾燥させても、輝いて見えますね。

そしてその辛さは半端ではありません!辛さの単位、スコビル値に換算すると、およそ10万スコビル!

とうがらしの栽培種であるアニューム種の中では最高レベルの辛みを持っています。

ちなみに、メキシコの激辛トウガラシ「ハラペーニョ」の辛みが2万スコビルであることを考えると、その辛さがイメージできるでしょうか?

かなりの激辛で知られるインドトウガラシにも引けをとりません。

「弥平とうがらし」は爽やかな辛み!

「辛みに爽やかも何もあるのだろうか…」と私も思っていましたが、実はあるんです。

辛み成分のカプサイシンには、実は複数の種類があります。

そのうち、カプサイシンは舌に残りにくい爽やかな辛み、ジヒドロカプサイシンは後に引くヘビーな辛みが特徴です。

それらの割合によって辛みの性質は異なってくるわけですが、世界中で栽培されるアニューム種はほとんどヘビー型、つまり後に引く辛みを持つことがほとんど。

その中で、同じアニューム種の「弥平とうがらし」は珍しく爽やか型です(成分分析で確かめたわけではありせんので悪しからず)。

脳天を突き抜ける辛みは数秒で消えていきます。

この感覚、ハバネロトウガラシにも近いものがありますね。

直売所で苗を購入しよう

そんなマニア垂涎のとうがらしですが、行くところに行けば果実も苗もあるんです。

ここは近所の直売所。乾燥果も苗も置いていました。さすがここぴあ!

湖南市民には、なくてはならない野菜なのです。

ゴールドに輝く爽やかかつ激辛とうがらし、家庭菜園にぴったりですね。

湖南市を訪れたかた、試しに購入してみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました