レタスの価格が急降下!1ヶ月で70%近く値を下げました

未分類
レタスの日農平均価格と主力産地 6月から9月までは、夏秋産地の長野県産と群馬県産が市場を席巻 8月上旬は記録的高値に

8月のレタス価格は記録的な高値でスタート

2020年8月のレタス相場は大荒れでしたね。

7月は長雨による日照不足で肥大せず、出荷量が減りました。

続く8月は梅雨明け後の干ばつがひびき、巻きが不十分な株が続出。

一時はkgあたり300円に届くかと思われる、記録的な高値となりました。

品目:レタス、 主力産地:長野、群馬

巻きや肥大が不十分。高温で痛みも出て、品質は不安定。カット売りが増加

2020年8月2日 日本農業新聞

9月に入り、状況は一変!レタス価格は急落、出荷調整も

9月以降、主力産地の長野県さんが一気に増産に転じました。

その理由は、適度な雨と夜温の高さ。

適度な降雨で干ばつが解消し、夜温も例年以上に高く、生育が一気に進んだ。

2020年9月15日 日本農業新聞

下のグラフは、松本市の最低気温の推移です。のきなみ暖かい日が続いていますね。

気象庁データより作成 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php?prec_no=48&block_no=47618&year=2020&month=9&day=&view=

供給過剰となり、kgあたり100円程度の安値に。

平年比で4割安だそうです。

あまりの下げ幅に、泣く泣く調整廃棄の圃場も。

10月のレタス価格は平年並みとの予想

10月からは、レタス産地の主力が茨城県にシフト。

茨城県のレタス栽培は、現在のところ順調のようです。

季節は移り変わり秋の食材がおいしい時期ですが、レタスは何かと使い勝手の良い万能野菜。

今週末は気温が大きく下がるようですが、レタスの生育に影響が少ないことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました