農業人のつぶやきまとめ2020年10月種まき編

つぶやき

10月に入り、高冷地の野菜出荷が終盤戦です。

同時に、暖地の播種、管理、収穫作業が本格化しています。

ツイッターをのぞいてみると、みなさん種まきされているようですね。

出荷量全国3位!徳島の春ニンジンはもうすぐ播種シーズンへ

仕事で徳島に通っていた頃がありましたが、冬から春のニンジン栽培は圧巻です。

どこもかしこもトンネルニンジン!

どうやったらあんなに美しいトンネルが人の手で張れるのか…いつも道中楽しみにしていました。

暖かくなるに従って、換気穴を開けていくんですよね。

徳島県は、秋冬まきの春ニンジンのなかで日本一の産地です。

3月から5月のニンジン売り場は、徳島県産で埋め尽くされます。

参照:alic 野菜情報 https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/yasai/1902/yasai1.html

スーパーでは夏場の主流であった北海道産から、冬出荷の関東・九州産に切り替わる時期ですが、もうその次の春ニンジンの栽培が始まるんですね。

柔らかくて美味しい徳島の春ニンジン、今から楽しみです。

愛知のキャベツ播種は終盤へ

愛知県は言わずと知れたキャベツの大産地!

栽培面積は5,000ha越え、栽培面積日本一です。

冬から春に向けて出荷されますが、秋まきはその中でも最終盤。

冬の寒さを乗り越えたキャベツは硬く締まり、加工に向くようです。

冬系(寒玉)は、葉のしわが少なく扁平で、葉の巻きが硬く歯ごたえがある。火を通しても煮くずれしにくいことから、調理用に使われることが多い。

alic 野菜情報 https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/santi/1712/santi1.html

関西で不動の地位を誇る淡路島の玉ねぎも、今がまきどき

5月になると出回る新玉ねぎ、いつも楽しみにしています。

水にさらさなくてもサラダにできるくらい、甘くて美味しいのです。

台風14号もなんとかそれてくれましたね。

春の収穫に向けて、畑の準備が順調に進むことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました