全てはここから始まった…! 芽が出てしまったジャガイモをポリバケツに植えて、ジャガイモ栽培に挑戦!!

プランター栽培

独身男性のみなさん、こんにちは☺️

我々によくある出来事、それはせっかく買った食材をすっかり忘れて放置してしまうことです。

冷蔵庫置くから発見された時には時すでに遅し…

サムネ画像のジャガイモが無残な姿で発見されたのは、風に冷たさが残る春先の出来事でした。

…というわけで、難なく難なく芽だしに成功したジャガイモをさっそく育て始めたのです。

ジャガイモは寒さに弱い!外に出すのは5月になってから

調べてみるとどうやらこういうことのようなので、しばらくバットに水をはって水耕栽培に。

見てくださいこのお姿。

丸くてイモっぽい「ジャガイモ」は仮のお姿、本当のあなた様はこんなにも優雅な触手をお持ちなんですね。
ナウシカの世界観にも通じるビジュアルです。

普通のポリバケツの底に小さな穴をいくつか開けて余った土を入れて定植、その後すっかり忘れ放置

5月になった頃、畑がないので大きめのバケツに定植しました。

そして気づいた時には芽がでとる!

定植から1ヶ月、6月の出来事です。

隣のネギとうまくやるんやで☺️

ちなみにこのネギ、野菜くずを植えておいたら再生したものです。

これ以降無限にとれてこの上なく経済的なので、みなさんもお試しあれ。

定植から2ヶ月後の7月、もりもりキタキター!バケツでジャガイモ栽培

ジャガイモ栽培って簡単なのかい?

畑もない、肥料もやってない、水も雨水だけ…

こんなに立派になって、花まで咲いています。

こいつは楽勝、ずぼら独身男(32)ぴったりの作物ではないか。

ついに8月!意気込んで収穫を始めるが、落胆の色が隠せないはたけもんorz

地上部がいい感じに枯れ枯れとなり、ついに収穫を始めるはたけもん。

引っこ抜いてみると…

ん…

この大きいやつは、種芋ではないのか?その下に小芋がたくさんついてくるのではないのか…

次じゃ次!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

なぜこんなにも小芋が小さいのか…

これではシカのウンチではないか…

俺はウンチを育てた覚えはない!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

結局とれたのはこのくらい。

なんということだ。

今夜はじゃがバター、明日は肉じゃが… 計画が台無しではないか。

しかしなんで?なんでなん?

なぜジャガイモのバケツ栽培は失敗したのか?やはり彼に聞いてみよう!

過去に登場していただいたインドのHalderさん、彼の教えをもう一度聞いて見ましょう。

注目すべきは土寄せのところ、どうやら定植後1ヶ月くらいで土を足していますね。

これはすっかり忘れていました。

そして土寄せに使っているのはコンポスト、つまり堆肥です。

じわじわ肥料として効いてくる堆肥を使うことで、地上部を大きく育てているようです。

ジャガイモはやせ地でも育つイメージですが、やはり多少は肥料を聞かせて株を大きくすべきでしたね。

…来年こそは、必ず大収穫を目指す!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました