【本日の水耕栽培】スナップエンドウの発芽、そしてメロンの開花

【間接照明】LEDタワー

独身男性のみなさん、こんにちは。
今日も半額のお刺身とのんある気分で晩酌しました。はたけもんです。

今から1週間前、スナップエンドウのタネをまきました。
左側がスナップエンドウのタネ、右側は一緒にまいたインゲンマメです。

なんだか小惑星のような不思議な形をしていますね。
表面のピンク色はチウラム(殺菌剤)でしょうか。
この後タネが見えなくなるまでロックウールに埋め込み、待つこと1週間です。
ちなみに右のインゲンマメ、発芽しませんでした。orz

スナップエンドウの発芽、ちょっとグロテスクだった

発芽したてのスナップエンドウ、根が不自然なまでにごついですね。
モンスター感のある根の形状、今後どう伸びてくるのか見ものです。

いつものごとくロックウールに定植し直し、ネットカップに収めてタンクへGO!!

うまく活着してくれますように。

【LEDタワー】メロンの雄花が続々開花!

7/29にタネを蒔いてからはや1ヶ月。
播種後2週間の段階ではこんなに小さかったメロンの苗が、

その後の2週間でこんなに生長しました!

ウリ科の生育は早いですね!

親づるが13節ほどまで伸長しています。

そして株元から順番に、雄花が続々開花しています。

黄色くてかわいいですね。思っていたよりも小さいです。

そしてこちらは5節目の子づるについた雌花のつぼみ。

メロンは子づるや孫づるの第1節目に雌花がくるそうです。

不思議ですな。

しかし!この雌花は子づるごと除去してしまう予定です。

なぜなら、メロンの果実を果実を着果させるための体力がまだないから。

株をもっと大きくして、11節目以上の子づるが発生してくるのを待ちます。

交配期が楽しみですね。

ちなみに根っこはこんな感じ。

水面を這うように、マット状に広がります。

一方こちらは観賞用トウガラシの根っこ。

水面とは関係なく、下に太い根が伸びていますね。

浅根と言われるウリ科作物、これを見ると一目瞭然です。

おもしろい☺︎

【おまけ】矮性ミニトマト、もうすぐ開花!

日本で普通に栽培されているトマトは10節ほどで花房が出てきますが、こちらはポット栽培用の矮性品種。

たった5節ほどでつぼみが出てきました。

しかも芯止まり。これより先、主茎の伸びはストップします。

水耕栽培キューブにぴったりやないか!

これはいい品種を見つけてしまいました。

しかも側枝(脇芽)の発生が旺盛で、こちらは3節目に花がきている模様。そして芯止まり。

つまり放っておくだけで次々花がやってきて、誘引の必要もないということ。

たまりませんな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました