トマトの花が暑さで元気ない…そんな時は「トマトトーン」で着果を促進しよう!

未分類

播種から約1ヶ月後、キューブ水耕栽培の矮性ミニトマトの花が咲きました!

3週間前はこんなに小さかったトマトが…

水耕栽培トマト 初期

今では開花期まで生長!

しかし、花が小さくないですか?

高温期のトマトの整理障害「眠り花」

つぼみはあるんだけど、花がうまく咲かない。

咲くんだけど花が小さい、額がうまく開かない…

それは「眠り花」かもしれません。

高温期に開花を迎えた花は体力不足のせいか、うまく咲かないことがあるのです。

そして厄介なことに、「眠り花」の着果率はとても低い。

さてどうしたものか。

トマトの着果バランスが崩れたら、迷わず「トマトトーン」

トマトは一番花の着果が肝心。
一度着果を落とすと、樹勢が強い→着果を落とす→以下ループ
と負のスパイラルに陥るのです。


そんな時は、「トマトトーン」がオススメ。

植物ホルモン「オーキシン」様作用を持つ、トマトトーンの家庭菜園版です。

すでに薄めてあるから、スプレーするだけ。便利ですね。

さてさて、後は待つだけ。
着果が楽しみですね。

【おまけ】小ナスとシシトウ、つぼみが見えてきました

定植して2週間が過ぎた小ナスとシシトウ、早くも花芽が見え始めました。

こちらはナス。株の大きさの割に花芽が早い!

ナス 水耕栽培 花芽

これは摘花が必要かもしれませんね。

ひとまず様子見です。

そしてこちらはシシトウ。

いい感じです。

こちらは生育旺盛。シシトウは着果負担も少ないので、このまま着果させてしまいましょう。

そしてついに棚の一番上まで到着したメロンの主茎。

ここから先は、おろしていきます。11段目の雌花ももうすぐです。

そしてやっと伸びてきたキュウリ。

暑さが苦手なのでしょうか。

でも葉っぱが大きくて、頼もしい姿に。☺︎

秋の果菜類、収穫が楽しみ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました