家庭菜園向け!肥料を計算してみよう① トマト編

家庭菜園の肥料設計 トマト 肥料

プロの農家さんのみならず、家庭菜園や保育園の野菜栽培でも土作りはとても大事。

でも堆肥や有機肥料、化学肥料…たくさんありすぎて、どうしたものか。

今回は、トマトの土作りについてご紹介します。

施肥量の目安

種苗メーカーのウェブサイトが詳しいのでおすすめ。

今回はタキイ種苗の「家庭菜園 野菜栽培マニュアル」を参考にしてみましょう。

家庭菜園 野菜栽培マニュアル | 調べる | タキイ種苗株式会社
一歩進んだガーデニングや家庭菜園に農家御用達「タキイのタネ」。品種データベースや病害虫情報など役に立つ情報が満載!通信販売も行なっております。ぜひご利用ください。

トマトのページを見てみましょう。1㎡あたりの施肥量は、以下のようになります。

元肥の量は目安として10㎡あたり成分量で、チッソ100〜150g、リン酸150〜200g、カリ100〜150gを施用します。

家庭菜園 タキイのトマト栽培マニュアル
https://www.takii.co.jp/tsk/tools/y_manual_pdf/y_manual_tomato.pdf

ちなみに、栽植密度としては、1㎡あたりにトマト2株〜2.5株が標準です。

元肥の種類

大きく分けて3種類あります

  • 堆肥
  • 石灰
  • 化成肥料
まずは堆肥から!

堆肥とは、有機物を原料とし、微生物によってしっかり分解された肥料のことです。

肥料成分を含むほか、繊維質を豊富に含むのでふかふかの土を作ることができます。

植物の根も伸びやすく、排水性もよくなりますよ。

原料の違いによって堆肥も様々ですが、家庭菜園におすすめなのはこれ!

Amazon | アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20L | 肥料・土壌改良剤
アイリスオーヤマ 肥料 バーク堆肥 ペレット 20Lが肥料・土壌改良剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ペレット状なのでまきやすい!完熟なので匂いもありません。

畝立ての1ヶ月前には畑に混ぜておきましょう。

次に石灰!

土は酸性に傾きやすく、肥料の吸収を邪魔します。

そんな土壌のpHを適正にしてくれるのが石灰です。

おすすめはこれ。

粒石灰 アミノール化学研究所 石灰 【通販モノタロウ】
バラまいてすぐ種まき、植え付けができます。浸透性がよく、酸性土壌を中和します。土を固めたりしません。粒状タイプの石灰なので風で飛んだり、手が荒れたり、汚れたりする心配が少ないです。プランターや、鉢植え植物の石灰やりに最適です。

粒状なのでまきやすく、粉が飛びにくいのでご近所迷惑にもなりません。

堆肥をまいて2週間後、畝立て2週間前が投入の目安です。

続いて化成肥料!

植物の生育にとても大事な、チッソ、リン、カリを含む肥料を選びます。

何と言っても安心なのは、住友化学園芸の「マイガーデンベジフル」

肥料の効果が穏やかで、長く続きます。

マイガーデンベジフル 住友化学園芸 野菜・果樹用 【通販モノタロウ】
野菜果物の元肥や追肥に使用できます。ばらまくだけで効果が3〜4ヵ月持続する3ピーク・ブレンドで、土に活力を与える腐植酸+植物性有機質入りの緩効性粒状肥料(特許第4923502号)です。

畝立てをする直前に入れましょう。

トマト1㎡あたりに必要な肥料を計算しよう!

さて、本題はここから。

トマトを定植する前に畑に入れる肥料(元肥)は、1㎡あたりチッソ10〜15g、リン酸15〜20g、カリ10〜15gです。堆肥、石灰、化成肥料をどのように組み合わせたらよいでしょうか。

肥料袋の裏を見てみましょう…なにやら、7-7-10などと書いてありますね。

これは、チッソ、リン、カリの成分量(%)です。

これをもとに、必要量を計算してみましょう。

家庭菜園トマトの肥料設計

結論としては、ペレットバーク400g、粒石灰100g、マイガーデンベジフル100gを1㎡の畑に入れればOK!

追肥

追肥とは、トマトを植えた後、成長するにつれて補う必要のある肥料のこと。

大玉トマトは3段目開花ごろ、ミニトマトは4段目開花ごろが追肥のタイミング。

一株当たり、マイガーデンベジフル 10gを与えてください。

その後は、成長点が細ってきたり、下葉が黄色くなってきたりしたら同じ量を与えます。

コスト

元肥、追肥合わせて、1㎡あたりのトマトの肥料にかかるお金はいくらでしょうか。

大まかに計算してみました。

追肥を2回と見積もると、1㎡あたり355円!

保育園の先生方、トマトを栽培するときの予算の目安にどうぞ。

春はこれからですね。計画的に準備していきましょう!

コメント

  1. […] 家庭菜園向け!肥料を計算してみよう① トマト編プロの農家さんのみなら… […]

タイトルとURLをコピーしました