水耕栽培でサヤインゲンを栽培しよう

サヤインゲン 水耕栽培 未分類

水耕栽培でマメ類を栽培できる…

珍しい光景ですが、どうやら本当みたいです。

今回は、アメリカのDaveさんに、手作りの水耕栽培セット「グローパイプ」を使ったサヤインゲンの水耕栽培について教えてもらいましょう。

グローパイプとは?

塩ビ管から作る、水耕栽培セットです。

作り方は、見ての通り!

塩ビ管の両はしに蓋をして、苗を定植する穴を開けておくだけ。

中に培養液を満たして苗を置けば、簡単に水耕栽培を始めることができます。

培養液を入れるために、大きめの穴が用意されています。

Image credit: YouTube

ポイントは、培養液を入れすぎないこと。

根の上の方が空気と触れることで、酸欠を防ぎます。

土いらずで簡単。ベランダや窓際での栽培にぴったりですね。

タネをまく

サヤインゲンのタネまきの時期は5月か8月。真夏を避けて栽培しましょう。

水で濡らしたキッチンペーパーにタネをまき、乾かないように上からもキッチンペーパーを被せます。

10日ほどで発芽してくるようです。

品種は、つるなしのものを選びましょう。

伸びすぎず、短期間で収穫することができます。

定植する

…なんて簡単なのでしょうか。

グローパイプに培養液を入れれば、あとは空いている穴に苗を入れていくだけです。

こんなもので、本当にサヤインゲンが育つのか…

誘引

すごいですね。本当にサヤインゲンが育っている…

そして誘引もおしゃれですね。

木枠を作って麻ひもで誘引すれば、インテリアに最適な癒しの額縁が完成!

寒くなったら、窓際に置いても映えそうです。

グローパイプの使い道は無限!

葉物野菜は得意なようです。

例えばケール。ものすごく立派!

ケール 水耕栽培

マメ類では、他にもエンドウマメ。

エンドウマメ 水耕栽培

おしゃれで簡単!

これはすぐに試して見たいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました