レビュー:植物育成用LEDライトを購入してみた!

植物育成用LEDライトを比べてみよう LED照明

室内で家庭菜園を楽しむための必須アイテム、それは植物育成用LEDライトです。

雨の日でも冬場でも、一定の光環境を作り出してくれます。

今回は、手軽に使える卓上タイプのLEDライト3点を購入してみました。さっそく比べてみましょう!

植物育成用LEDライト3選

今回購入したライトはこちら!右から順に、

  • Boster社製 植物育成用LEDライト  ¥2,888
  • RoHS社製 植物育成用LEDライト   ¥3,299
  • Bozily社製 植物育成用LEDライト ¥3,997

いずれも、amazonで購入できます。

スプラウトやベビーリーフ の栽培を想定し, 全てクリップ式を選びました。

机の端っこを挟んで固定するので、設置も簡単です。

Boster社製 led植物育成ライト

Amazon.co.jp: Bostar led植物育成ライト 育苗ライト 60個LED電球 角度調節でき 高度調節可能 タイミング定時機能 5段階調光 多肉植物育成 室内栽培ライト 家庭菜園 室内園芸 観賞用 ランプ クリップ式 省エネ 低消耗電力 : DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: Bostar led植物育成ライト 育苗ライト 60個LED電球 角度調節でき 高度調節可能 タイミング定時機能 5段階調光 多肉植物育成 室内栽培ライト 家庭菜園 室内園芸 観賞用 ランプ クリップ式 省エネ 低消耗電力 : DIY・工具・ガーデン

まずはBoster社製から。トリプルヘッドタイプのLEDライトです。

このライト、かっこいいんです。照明部分がバーなので見た目がスッキリ!

そしてわずかに黄色味がかった色調が、なんとも落ち着きます。

お部屋のインテリアの邪魔をしないところがいいですね。

RoHS社製 植物育成ライト

Amazon.co.jp: 植物育成ライト 照射定時設置 led育苗ライト 68W 132個LED電球 5段階調光 360°角度 循環記憶機能 育苗ライト 高度調節 電球交換でき 多肉植物育成 室内栽培ライト 家庭菜園 室内園芸 観賞用 植物 ライト 日照不足解消 水耕栽培ランプ クリップ式 低消耗電力 PSE認証 日本語取扱説明書 (132 led) : DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: 植物育成ライト 照射定時設置 led育苗ライト 68W 132個LED電球 5段階調光 360°角度 循環記憶機能 育苗ライト 高度調節 電球交換でき 多肉植物育成 室内栽培ライト 家庭菜園 室内園芸 観賞用 植物 ライト 日照不足解消 水耕栽培ランプ クリップ式 低消耗電力 PSE認証 日...

こちらもトリプルヘッドタイプです。

照明部分がバーではなく、長方形。ある程度まとまった光を植物に当てることができます。

シルバーのアームとホワイトのヘッド。シンプルなデザインですね。

Bozily社製 植物育成ライト

Amazon.co.jp: 植物育成ライト 植物ライト 2019最新型 ledライト 育苗ライト 75W 4段階調光 タイマー機能 (3H / 6H / 12H) 360°調節可能 植物育成LEDライト 多肉植物育成 室内栽培 水耕栽培 栽培ライト 家庭菜園 農園 省エネ チューリップ 日本語取扱説明書 プレゼント 飾る : DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: 植物育成ライト 植物ライト 2019最新型 ledライト 育苗ライト 75W 4段階調光 タイマー機能 (3H / 6H / 12H) 360°調節可能 植物育成LEDライト 多肉植物育成 室内栽培 水耕栽培 栽培ライト 家庭菜園 農園 省エネ チューリップ 日本語取扱説明書 プレゼント 飾...

こちらはダブルヘッドタイプです。光の強さが4段階に調整できます。

スポットライトのように、狭い範囲に集中した光が当たります。

無骨なデザインがいいですね。男の家庭菜園にぴったりで気に入りました。

植物に必要な光の色は?

ライトの光は白〜やや黄色に見えますが、実は青、緑、黄色、赤まで様々な色の光が混ざっています。

そのうち、植物が光合成に必要とする光の色は青色と赤色。緑があってもあまり意味がないんですね。

青と赤がメインで、植物が必要とする光を無駄なく照射できるライトを選びたい!

3つのライトはどんな光で構成されているのでしょうか?

LEDライトの光スペクトル

Boster社製とBozily社製は青と赤のピークが高いですね。植物育成用に適したスペクトルと言えそうです。

一方、RoHS社製は青のピークが小さく、緑の割合が比較的多いですね。植物育成用としては、無駄な光が多のでしょうか…

電気代はどのくらいかかるの?

消費電力量を比較してみましょう。

  • Boster社製 植物育成用LEDライト  30W
  • RoHS社製 植物育成用LEDライト  15W
  • Bozily社製 植物育成用LEDライト 24W

1日12時間つけていたとしたら、電気代はこんな感じ。27円/kwhで計算しています。

  • Boster社製 植物育成用LEDライト  9.72円
  • RoHS社製 植物育成用LEDライト  4.86円
  • Bozily社製 植物育成用LEDライト   7.77円

消費電力は、15WのRoHS社製がお得ですね。

Bozily社製は、必要に応じて明るさを調節できるので、消費電力も調節可能です。

光度計で明るさを測定してみよう!

それでは、それぞれのライトの明るさを光度計を使って調べてみましょう。

ちなみに、光度計とはこんなやつ。

光の下にかざすことで、その光の強さを簡単に測定することができます。単位はルクスです。

今回は、光源から20cm離した時の光度を測定しました。

ちなみにレタスの場合、2,000ルクス以上で生育可能(光補償点)、25,000ルクス以上は不要(光飽和点)です。

Boster社製LEDライトの光の強さは?

LEDライトの光度

1,820ルクスほどでした。

スプラウト栽培に活躍してくれていますが、レタス栽培にはやや力不足のようです。

RoHS社製LEDライトの光の強さは?

RoHS社製LEDライトの光の強さ

2,360ルクスほどです。

むむ。消費電力が少ないためか、それほど光量がありませんね。

Bozily社製LEDライトの明るさは?

Bozily社製LEDライトの明るさ

なんと!19,000ルクス!!

他の商品とは1桁違います。これだけの明るさがあれば、いろんな作物に挑戦できますね。

コントラストがきついので写真は暗く見えていますが、暗い部屋でこのライトをつけるとまぶしいくらいです。

実際、このライトに変えてからレタスの調子が随分とよくなりました。

数千円で購入できる植物育成用LEDライト、ぜひ使ってみてください。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました