MENU

食育に最適!保育園で野菜を育てよう シイタケ編

保育園で野菜を育てよう!シイタケ編

こどもたちにとって、野菜の栽培は最高の教材です。

お世話をしたり、収穫を体験することで、命の大切さや食べ物への感謝の気持ちを学ぶことができます。

保育園での栽培にぴったりな、5つの野菜をご紹介しましょう!

  1. エダマメ
  2. シイタケ
  3. ササゲ
  4. ミズナ
  5. ダイコン

ポイントは3つ。

⑴ 安全!:誤飲の危険があるミニトマトやトゲのあるナスは、やめておきましょう。

⑵ 簡単!:難しい肥培管理は不要です。プランターでも栽培できます。

⑶ おいしい!:簡単な調理でも美味しく食べられます。

第二弾の今回は、シイタケについてご説明します。

シイタケ
準備するもの

原木を用意する必要はありません。

これを注文するだけ!

https://amzn.to/3miltEC

森産業さんの「もりのシイタケ農園 栽培容器付」です。

湿度を確保するための、透明な容器が付属しています。

2回目以降の場合は、菌床のみを注文しましょう。

その名も「おかわり君」です。笑

https://amzn.to/3zZUFh3

育て方

育て方はいたってシンプル!

「もりのシイタケ」が届いたら、栽培ブロックを洗って容器にセット。

霧吹きで湿度を与えたら、準備OKです。

さて、様子をみてみましょう。

2月2日、届いたので早速セッティング。

保育園で野菜を育てよう!シイタケ編

3日後、なにやらポコポコと顔を出し始めましたね。

5日後、なんだかきのこに見えてみました!

8日後、立派なシイタケに!

最後の追い上げがすごいですね。

この間、霧吹きしているだけです。簡単!

収穫

たくさん取れましたね!

2月14日までの5日間で、写真にないものも含めて約50個、500g強の収穫です!

これでやっと1サイクル終了。

このあとブロックを水に浸して休ませ、2サイクル目に突入です。

そしてなんと、3〜4サイクルまで栽培が可能!驚きですね。

ちなみにシイタケ1パック6個入りで150円ほどですから、1サイクルだけでブロック分の元が取れることに!家庭菜園としても有能ですね。

記念すべき最初の収穫は、バター醤油でいただきました。

取れたての味に、子供達も感動…

どんどん取れて楽しい!成長する姿が面白い!霧吹きだけで簡単!

先生方もぜひ。

https://amzn.to/3ocJhfu

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸大学大学院農学研究科卒業、元種苗メーカー研究開発部門所属。
こんなことが得意です。
・野菜の栽培
・トラクター、農業機械の操作
・環境制御ハウスのオペレーション
・農家さんへの栽培指導、講習会の開催
・商品企画、開発、設計
・バイオサイエンス分野の最新情報の提供
・統計解析、プログラミング(←勉強中)

コメント

コメントする

目次
閉じる