スピード命!!ハツカダイコン4種の生育レース!!ダイソーのタネの実力やいかに

養液栽培

ダイソーで二十日大根のタネを購入しました。

2つで100円!驚きの安さですね。

200円〜300円する大手メーカーのタネと生育を比べてみましょう。

栽培はヤシガラ培地の養液栽培で!

今回使う資材は、同じくダイソーの「ソフトバスケット」と「軽い植物の土 3L」です。

ソフトバスケットは2つ重ねて使います。

土を入れる方には排水用に穴を開けておき、下の方は受け皿として使います。

土に水を含ませてバスケットに詰めたら、割り箸などを使って溝をつけ、タネを1cm間隔に播いていきます。

まき終わったら土の表面をならしてタネを埋め、発芽を待ちます。

実はこのタネ、1年前に購入した後冷蔵庫で保管していたものです。

生えてくるかな…

播種日は2/7です。

発芽率トップはトーホク!しかしダイソーのハツカダイコンもしっかり生えてきました

播種してから1週間がたちました。

1年前の種ですが、発芽は良好!

さすが大手メーカー、トーホク(左から2番目)の発芽がもっともいいですね。

右2つのダイソーはやや劣りますが、これだけ生えてくれば十分です。

もう少し生えそろったら、間引きをしていきます。

播種後2週間後のハツカダイコン4品種、サカタのタネ「さくらんぼ」が追い上げ!!

ここまでの感想です。

サカタのタネ「さくらんぼ」

  • 初期生育はじっくり
  • 伸びすぎず、土寄せの手間が少ない。
  • 揃い性抜群!

トーホク「赤丸はつか」

  • 初期生育早い!
  • 伸びやすい、土寄せしないと倒れてくる
  • なんだか葉色が薄い、弱ってきた

ダイソー「赤丸20日大根」「紅白はつか大根」

  • とにかく伸びて倒れる、土寄せが面倒
  • 揃いが悪い。大きい株と小さい株の差が大きい
  • 葉っぱが薄っぺらくて元気がない

今のところ、サカタのタネ「さくらんぼ」が育てやすいとの結論。

屋内で育てていることもあり、暗くなりがちな環境。

一般的にひょろひょろと伸びやすく倒れやすい環境です。

それでも、サカタのタネの「さくらんぼ」は伸びにくく倒れにくく、安定した生育を見せています。

さすが、天下の「サカタのタネ」ですね。

いよいよ、肥大期に入っていきます。

ついに収穫!ヤシガラ養液栽培のハツカダイコン

播種から5週間、ついにハツカダイコン4品種を収穫です。

左から、サカタの「サクランボ」、トーホクの「赤丸はつか」、ダイソー2品種。

まずはダイソーのタネ、2品種とも茎が大きく伸びている株があります。

これは「抽苔」、花芽が伸びてきています。

こうなるとスが入ってしまい、美味しくありません。

ダイソー2品種は、「晩抽性」にかけるとの結果に。

やはり安い分仕方ないのですね。

…さてサカタとトーホクですが、さすが大手、揃いがとても良いです。

ただし、私のオススメはトーホク。

地上部の葉っぱが小さく、省スペースで栽培できるので家庭菜園にぴったりです。

…とはいえ、25cm四方に9株は多すぎました。笑

4株くらいに制限しておけば、もっと立派なハツカダイコンが収穫できたと思います。

ヤシガラ培地のハツカダイコン栽培、低コストで楽しめるのでみなさんもぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました