MENU

野菜のお天気ニュース!

野菜のお天気ニュース!

野菜の生産量を大きく左右する天候。

大雨や干ばつ、高温や低温、そして自然災害などなど…

生産地の気象条件に注目すれば、出荷量や品質、そして市場価格予想のヒントになるはず!

野菜の生産地とそのお天気ニュースをまとめてみました。

目次

台風15号が発生 東海、関東地方に接近する恐れ 2022年9月23日

2022年台風15号の進路
出典:気象庁 台風情報

先週日本列島を襲った台風14号に続き、台風15号が発生しました。

24日から25日にかけて東海・関東に接近する予報ですが、台風15号に伴う雨雲が北海道や三重県に大雨をもたらしています。

仮に台風15号が関東地方に接近した場合、以下のような野菜産地への影響が懸念されます。

  • 夏秋キャベツ:群馬県
  • 夏秋レタス:群馬県
  • 夏秋ナス:群馬県、栃木県、茨城県
  • 夏秋キュウリ:群馬県、埼玉県、茨城県
  • 冬ニンジン:千葉県、茨城県
  • 秋冬ダイコン:千葉県
  • 秋冬ネギ:千葉県、埼玉県、群馬県
  • 秋冬ホウレンソウ:埼玉県、群馬県、千葉県、茨城県

秋は北日本を中心とした夏秋作から関東や西南暖地を中心とした秋作、冬春作へと移行する重要な時期です。

何事もないことを祈りましょう。

※追記 愛知県も雨が本格的に降っています。お気をつけて!

台風14号の被害 Twitterまとめ 2022年9月20日

九州・中国地方付近を通過した台風14号。

九州、四国を中心に野菜生産に対する被害がツイートされています。

宮崎県 冬春ピーマンのハウスなど冠水

冬春ピーマンの大産地である宮崎県。

定植したばかりのハウスが冠水しているとのことです。

宮崎県産のピーマンは10月から出始めますので、1か月後くらいから価格に影響が出始めると思われます。

高知県 冬春キュウリ、ナス、ピーマン

高知県は冬春ナスの生産が日本一であるほか、キュウリ、ピーマンの栽培が盛んです。

いずれも転職直後~定植直前で強風に遭い、ハウスのビニールが破れるなどの被害があったようです。

今後は復旧に入られるでしょうから、その後の管理作業などに遅れが出てしまうと思われます。

佐賀県 冬春キュウリ

佐賀県も雨風の影響を大きく受けたようです。

香川県、徳島県 冬春ブロッコリー

四国は冬春ブロッコリーの大産地ですが、台風の東側に位置したため風の影響を大きく受けたようです。

四国産のブロッコリーも10月ごろから出荷開始ですから、1か月後より価格に影響が出ると思われます。

今回の台風14号は九州、四国の冬春産地に大きな被害をもたらしました。

被災された方の復旧を願うとともに、10月以降の野菜の相場に注意が必要です。

※9月23日追記 関東の降雨により、葉菜類の価格が上昇しています。台風15号が接近していることもあり、今後の価格変動に注意が必要です。

キャベツ価格の上昇2022年9月
出典:ANN news

関東の日照不足で野菜の価格が一部上昇 2022年9月18日

8月25日から9月7日までの日照時間
出典:気象庁 前2週間の気温、降水量、日照時間の平年差・比

8月下旬から9月上旬にかけて、関東地方は曇りの日が多く日照不足となっていたようです。

そのため、関東の秋冬ホウレンソウや冬春トマトの生育が遅れて価格が上昇!

その後天候は回復していますので、影響は一時的なものかと思われます。

台風14号が発生!九州の野菜生産に対する影響は?2022年9月14日

9月14日に台風14号が発生しました。

東シナ海を北上し、19日月曜日に九州地方の西側を通過する見通しです。

ただ9月の九州は、果菜類を中心に冬春作が始まったばかりの大事な時期を迎えています。

仮に九州に接近、または上陸した場合、生産や市場価格に影響があると思われる野菜は以下の通り。

  • 冬春キュウリ:宮崎県
  • 冬春トマト:熊本県
  • 冬春ナス:福岡県、熊本県
  • 冬春ピーマン:宮崎県、鹿児島県
  • 秋冬ダイコン:宮崎県、鹿児島県
  • 秋冬ホウレンソウ:福岡県

九州は野菜の大生産地なだけに、災害が起きた場合は全国の市場に大きな影響を与えます。

台風14号の今後の進路に注目するとともに、被害が最小限で済むことを祈っています。

※追記 宮崎のキュウリ農家さん、台風対策お疲れ様です。

長野で雨が多く、レタスの価格上昇 2022年9月11日

夏秋レタスの大産地である長野県で、降水量が増加しています。

降水量平年比2022年9月9日
出典:気象庁 前1週間の気温、降水量、日照時間の平年差・比

9月3日から9日までの降水量は平年の2倍を超えました。

雨による収穫作業の遅れ、もしくは品質低下等による圃場ロスの発生なのでしょうか、レタスの出荷量が減少し市場価格はじわじわと値を上げています。

9月11日からは一週間程度晴れる予定ですので、出荷量の回復に期待しましょう。

北海道、青森で少雨傾向 2022年9月10日

出典:気象庁 前1週間の気温、降水量、日照時間の平年差・比

ここ1週間、北海道、青森で晴天が続き、雨がほとんど降っていません。

本格的に雨が降りそうなのは、再来週9月18日からのようです。

夏ダイコン、秋ニンジン、夏ネギ、夏秋ブロッコリーなど、北日本産野菜の出荷はもう少し続きます。

適度な降雨を期待しましょう。

夏秋ピーマン産地の岩手県で日照不足、出荷量が減少 2022年9月8日

8月25日から9月7日までの日照時間
出典:気象庁 前2週間の気温、降水量、日照時間の平年差・比

夏秋ピーマン産地の岩手県が日照不足に悩まされています。

本来であればピーマンの樹が大きくなり、夜温も下がってきて収穫最盛期!となるところですが、日照不足のため出荷量が増えません。

降雨の影響で東北産は量・品質ともに不安定

引用:日本農業新聞2022年9月8日

関東産が本格的に出荷を始めるのはもう少し先ですから、ピーマンの価格が上がりそうです。

岩手のピーマン農家の皆さん、天候回復を祈っています!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸大学大学院農学研究科卒業、元種苗メーカー研究開発部門所属。
こんなことが得意です。
・野菜の栽培
・トラクター、農業機械の操作
・環境制御ハウスのオペレーション
・農家さんへの栽培指導、講習会の開催
・商品企画、開発、設計
・バイオサイエンス分野の最新情報の提供
・統計解析、プログラミング(←勉強中)

目次
閉じる