MENU

ズッキーニの交配に挑戦しよう!

ズッキーニの交配に挑戦しよう

ベランダのズッキーニに、待望の雌花が咲きました!

…しかし、ここはアパートの4階。まわりに花がたくさん咲いているわけでもなく、虫が交配に来てくれる可能性は低そうです。

それならば、自ら交配してみましょう!

目次

ズッキーニはなぜ交配が必要なの?

それは、「雌雄異花」だからです。

例えば、ピーマンは「雌雄同花」、つまり同じ花に雌しべと雄しべが両方そなわっています。

たとえ虫が来てくれなくても、風に揺られる程度でかってに交配・受粉してくれるのです。

それに対してズッキーニ、カボチャ、スイカ、メロンなどのウリ類は「雌雄異花」なので、雌しべは雌花に、雄しべは雄花にしかありません。

風が吹いた程度では、受粉してくれないのです。

ちなみに、同じウリ科のキュウリは交配不要です。キュウリは単為結果するので、交配・受粉しなくても果実が肥大する、おもしろい作物なのです。

交配のタイミングは?

ピーマンの花は数日もちますが、ズッキーニの花の寿命はたったの1日。

花が咲いた当日に交配します。

しかも、お昼が近くなるとたくさんの蜜が出て交配が難しくなります。午前10時ごろまでにやってしまいましょう。

やってみよう

左が雄花、右が雌花です。

雌花の下には、すでに小さいズッキーニが!かわいいですね。

花の中をのぞいてみましょう。同じく、左が雄花、右が雌花です。

雄花の中心には雄しべがあります。花粉がびっしりですね。

雌花の中心には雌しべがあります。スポンジみたいにふわふわしています。

まず、雄花の花びらをとり、雄しべだけにします。

これを雌花の雌しべに直接当てます。トントンとやさしく、雌しべ全体にまんべんなく花粉をつけていきます。

交配後の雌しべはこんな感じ。花粉がびっしり付いているのがわかるでしょうか?

ここから果実の肥大がスタートします。収穫が楽しみですね。

交配から2日後

…これはもうズッキーニです!

開花前は4cmほどだった幼果が、もう8cmを超えています。

ナスやピーマンは開花してから収穫まで3〜4週間、トマトなら2ヶ月かかります。

一方ズッキーニは、あと数日で収穫できそう。

さすがはウリ科野菜、スピードが段違いです。

苗を定植してから約1ヶ月、初収穫が待ちきれませんね。

交配から6日後

交配から1週間たたないうちに、最初の果実を収穫!

150gほど、ストライプでかっこいいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸大学大学院農学研究科卒業、元種苗メーカー研究開発部門所属。
こんなことが得意です。
・野菜の栽培
・トラクター、農業機械の操作
・環境制御ハウスのオペレーション
・農家さんへの栽培指導、講習会の開催
・商品企画、開発、設計
・バイオサイエンス分野の最新情報の提供
・統計解析、プログラミング(←勉強中)

コメント

コメントする

目次
閉じる