MENU

イチゴ品種の糖度ランキング!購入したイチゴの甘さを片っ端から調査中

イチゴの高糖度ランキング
スポンサーリンク

「イチゴの糖度ってどのくらい?」

「品種によって甘さが違うの?」

「一番甘くておいしいイチゴ品種は?」

といったことが気になり、イチゴの糖度調査を開始!

購入時期や大きさ、個体差によって糖度は変わると思いますが、シンプルに糖度計の値を記録に残していこうと思います。

お買い物の参考になればうれしいです。

目次

現在のイチゴ高糖度ランキングはこちら!

ランキング画像品種糖度果重生産地購入日
1位長崎県産ゆめのかゆめのか13.214g長崎県JA島原雲仙2023年1月
2位天使のいちご天使のいちご13.030g佐賀県 TM FARM2023年1月
3位博多あまおうあまおう12.114g福岡県JA糸島2023年1月
4位ゆうべにゆうべに11.526g熊本県JAやつしろ2023年2月
5位さがほのかさがほのか11.324g熊本県JAやつしろ2023年1月
6位イチゴさんいちごさん11.240g佐賀県JAさが2023年1月
7位ベリーツベリーツ11.130gJA全農おおいた2023年1月
8位長崎県産イチゴ恋みのり恋みのり10.512g長崎県JA島原雲仙2023年1月
9位白イチゴ 淡雪淡雪10.234g博多淡雪倶楽部2023年1月

食べチョクで購入した白イチゴ「天使のいちご」の糖度は13.0度!
2023年1月

品種名天使のいちご
品種販売元カネコ種苗
品種登録年2018年
特徴四季咲性で長期間収穫可能
育てやすく家庭菜園にも向く

一つ30g、食べ応え十分です。

酸味が少なくて赤いイチゴとは少し違う味わい。

うちの母親は、「練乳が入っとるようじゃ~」と申しておりました。

その糖度は、圧巻の13度!

天使のいちご、恐るべし。

長崎県JA島原雲仙のいちご「恋みのり」の糖度は10.5度!
2023年1月

品種名恋みのり
品種開発元農研機構
品種登録年2020年
特徴「さがのほか」より糖度、酸度が高く、香りが強い
硬度は「さがほのか」より高く、日持ちに優れる

一つ12gと小粒ながら、甘みがしっかりしていて香りもいいです。

やや硬めなので、日持ちするのではないでしょうか。

色もよくつやつやしています。

長崎県JA島原雲仙のいちご「ゆめのか」の糖度は13.2度!
2023年1月

品種名ゆめのか
品種開発元愛知県農業総合試験場
品種登録年2007年
特徴甘さと酸味のバランスが絶妙
果肉はジューシーだが、「章姫」より輸送性が高い

ひとつ14gとイチゴらしい一口サイズの大きさ、形が揃っていてきれいです。

糖度は驚きの13度台!酸味もある程度つよく、味がとても濃く感じます。

香りもイチゴらしくさわやか。

ただ、少し柔らかいかも。

端の方のいくつかはつぶれかけていたので、カビが生える前に完食。

佐賀県JAさがのイチゴ「いちごさん」の糖度は11.2度!
2023年1月

品種名いちごさん
品種開発元佐賀県農業試験研究センター
品種登録年2018年
特徴色と形が美しい
すっきりとした甘さ
大粒

1つ40g!インパクトがかなり大きいです。

このれだけのサイズがあるにもかかわらず、糖度が11度台!

おおきくて甘いとは罪なイチゴです。深い赤色も魅力的。

酸味は少なめで甘味を強く感じます。優しい後味です。

中身はかなりジューシーで、かぶりつくと口元から果汁がしたたり落ちるほど。

とても柔らかいので、傷む前に早めに食べました。

福岡県JA糸島のイチゴ「あまおう」の糖度は12.1度!
2023年1月

品種名あまおう
品種開発元福岡県農業総合試験場
品種登録年2005年
特徴大粒で果肉がしっかり
甘味と酸味のバランスが良い

ひとつ14gのあまおうです。やや形が悪いとのことで、お安く購入できました。

糖度は12.1度!甘さもさることながら、酸味も強くさわやかな印象です。

一口かじると、イチゴの中まで真っ赤に色づいています。

表面の種子(実は果実)がしっかりしているのか、プチプチという食感が楽しめました。

福岡県産のイチゴ「淡雪」の糖度は10.2度!
2023年1月

品種名淡雪
品種開発元個人育種家 山下氏
品種登録年2013年
特徴大粒、淡い桜~橙色があざやか

一つ34gの大粒!桜色の肌がきれいな品種です。

糖度は10.2度。

酸味が少なくて、白イチゴらしい甘さと香り。

ほどほどのやわらかさで食べやすいです。

一口で食べると、おとなでも口の中がいっぱいに。

春の幸せを感じることができます。

JA全農おおいたのイチゴ「ベリーツ」の糖度は11.1度!
2023年1月

品種名ベリーツ
品種開発元大分県農林水産研究指導センター
品種登録年2021年
特徴鮮やかな色と香り
適度な硬さで日持ちがよい

ひとつ30gのベリーツ。

大粒で果肉がしっかり、食べ応えのあるイチゴです。

その糖度は11.1度!

酸味とイチゴらしいさわやかな香りとのバランスがよいですね。

おいしい。

熊本県JAやつしろ産のイチゴ「さがほのか」の糖度は11.3度!
2023年1月

品種名さがほのか
品種開発元佐賀県農業試験研究センター
品種登録年2001年
特徴大粒できれいな円錐形、やや堅めの食感

とにかく形がきれい!そして大粒!

イチゴのお手本のような美しさです。

酸味が少なめで、その分まろやかな甘みと優しい香りが引き立ちます。

測定した糖度は11.3度でしたが、数字以上の甘味を感じました。

果肉もしっかりしていて食べ応え十分!

さがほのかってこんなにおいしかったんですね。

熊本県JAやつしろ産のイチゴ「ゆうべに」の糖度は11.5度!
2023年2月

品種名ゆうべに
品種開発元熊本県農業研究センター
品種登録年2017年
特徴大粒できれいな形がよい 甘みと酸味のバランスが良い

形がよく、色、つやともに申し分ないイチゴです。

その糖度は11.5度!

酸味が少なく、あっさりとした味わいです。

やや時間がたっていたのか、柔らかめの食感でした。

イチゴを品種買いするなら食べチョク!

スーパーに出向いても、お目当てのイチゴ品種が見つかるとは限りません。

イチゴを品種買いするなら、食べチョクがおすすめです。

眺めるだけでも楽しいですよ~

プレゼントにも。

コメント

コメントする

目次