MENU

家庭菜園のコスパを計算してみよう!ブロッコリースプラウト編

家庭菜園のコスパ ブロッコリースプラウト

マイクログリーン(スプラウト)はすぐ収穫できて場所を取らない、栄養満点と家庭菜園にぴったりの野菜です。

…ところが、家庭菜園につきものなのが、「買ったほうが安いんじゃない?」という反応。

実際のところ、家庭菜園でブロッコリースプラウトを栽培するとどの程度節約になるのでしょうか?

計算してみましょう。

目次

マイクログリーン(スプラウト )の栽培方法

以前ご紹介した、カイワレダイコンと同じように栽培できます。

ただしタネが小さいためか、カイワレダイコン に比べて生育はややゆっくり。

カイワレダイコン が種まきから6日ほどで収穫できるところ、ブロッコリースプラウト は9日ほどかかります。

詳しくはこちら。

収量を調べよう

一番右は、HATAKEMONが栽培・収穫したブロッコリースプラウト です。

20cm × 25cmのステンレスバットに500mlのヤシガラ培地を入れ、15gのタネをまきました。

左のふたつは、スーパーで購入したブロッコリースプラウト。二つとも、1パック98円です。

それでは、重さを測ってみましょう。

スーパー購入分が16gと37g、そしてHATAKEMONの収穫分は143gです。

バットにたっぷり1杯分収穫できました!これは高コスパが期待できそうですね。

収入はいくら?

スーパーで購入した2点のうち、よりコスパの良い真ん中の方を基準としましょう。

内容量37gを98円で購入したので、1gあたり約2.65円です。

HATAKEMON収穫分は143g、その価値は、143g × 2.65円 = 約379円 !

一回につき、400円弱の収入です。これは大きいですね。

支出はいくら?

ブロッコリースプラウト 143gを収穫するために、どのくらいの出費があったのでしょうか。

もっとも高いのは種代で、約105円。その次が電気代、培地と続きます。

合計で、150円弱という結果に。

差し引き、1トレーの栽培で230円の黒字になりました!

たった10日間で230円、1ヶ月で690円、12ヶ月で8,280円!1トレーだけでもかなりの節約効果がありそうです。

どんな料理にも使えて家庭菜園では断然お得!

これはおすすめです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸大学大学院農学研究科卒業、元種苗メーカー研究開発部門所属。
こんなことが得意です。
・野菜の栽培
・トラクター、農業機械の操作
・環境制御ハウスのオペレーション
・農家さんへの栽培指導、講習会の開催
・商品企画、開発、設計
・バイオサイエンス分野の最新情報の提供
・統計解析、プログラミング(←勉強中)

コメント

コメントする

目次
閉じる