MENU

ついに来た!室内水耕栽培にアブラムシ!そんな時は奥の手のベストガードで退治するのだ!!

ベストガード 粒剤でわたアブラムシが全滅

LEDタワーを使って、メロンとキュウリの室内水耕栽培に挑戦しているはたけもんです。

室内栽培のメリットは、環境条件に左右されにくいこと。

中でも一番嬉しいことは、虫の害が少ないことです。

ベランダや畑で家庭菜園をやっていると、アザミウマやアブラムシ、コナジラミに青虫類…

あっという間にたかられてしまいます。

その点室内では虫の心配がほとんどありません。

少なくともここ1年間、何の被害もありませんでした。

目次

室内水耕栽培で、初のアブラムシ確認!

ところが、ついにきてしまいました。泣

メロンの生長点がこんな姿に…

こちらはキュウリ。アブラムシが出す甘い汁で葉っぱがカピカピに…

これはまずいですね。

他の作物に移る前に、何とかせねば。

我が家のウリ科にやってきたアブラムシ、なんて言う名前なのか

調べて見たところ、どうやら「ワタアブラムシ」のようです。

こんなやつ。

様々な植物に寄生する、多食性のアブラムシだそうです。

これはまずい、同じ室内にはナスやししとう、トマト、その他葉物野菜が同居しています。

被害が拡大する前に手を打たねば。

浸透移行性の殺虫剤、「ベストガード」を使ってみた

室内で殺虫剤をスプレーするのはかなり抵抗があります。

居住空間に漂う霧状の殺虫剤… おうちではかなり無理がありますね。

しかもスプレーではかけ方にどうしてもムラができるので、生き残ったアブラムシから再び増殖。

イタチごっこになってしまいます。

そこで選んだのはこれ!

https://amzn.to/3l22kXV

ベストガード粒剤です。

粒剤タイプのこの殺虫剤、普通は定植時に植え穴に入れて使うもの。

苗が活着して生育が本格的にスタートするまでの間、植物を守ってくれるものです。

水に溶かしてスプレーするタイプと何が違うのでしょうか。

ベストガード粒剤は根から吸収されて植物全体に行き渡る、浸透移行性

出典:http://www.greenjapan.co.jp/bestguard_r.htm

植物全体にくまなくスプレーするタイプ(水溶剤)とは違い、粒剤タイプは根の周辺にまくだけ。

殺虫成分は根から吸収され、植物全体に行き渡ります。

かけムラの心配もありません。

こいつは便利!

2g分入れてみた

2日後、アブラムシが全滅!効果は抜群です。

ご覧ください。黒くしぼんでしまったアブラムシたち。

床には死んだアブラムシが散らばっています。

植物を隅々まで観察しましたが、全て死んでいるようです。

さすが浸透移行性、そして即効性も抜群。

これは想像以上の効き目です。

ベストガード粒剤を水耕栽培で使う上で心配していること

ただし、重大な心配事が。

それは、「使用法に水耕栽培がない」と言うことです。

基本的に土での栽培(土耕栽培)での使用を想定しているこの商品、水耕栽培での使用例はありません。

家庭菜園レベルでは、自己責任となってしまいます。

個人的に注意したい点は、以下の通り。

  • 効果は30日以上。言い換えればその期間は植物に成分が残っています。その間に収穫されたものは、食べないほうがいいでしょう。
  • 水耕栽培の場合、タンクの水の中の成分がいつまで残っているのか分かりません。使用してしばらくしたらタンクの水を交換してリセットし、いつまでも殺虫成分が残らないように気をつけたほうがいいかも。
  • 殺虫剤がとけたタンクの水を捨てるときは、土の上にまいて染み込ませましょう。流しに捨ててしまうと、環境汚染の原因になってしまうかも。

効果は抜群でしたが、この使い方が正しいかどうかは不明です。

繰り返しになりますが、ご使用は自己責任で。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸大学大学院農学研究科卒業、元種苗メーカー研究開発部門所属。
こんなことが得意です。
・野菜の栽培
・トラクター、農業機械の操作
・環境制御ハウスのオペレーション
・農家さんへの栽培指導、講習会の開催
・商品企画、開発、設計
・バイオサイエンス分野の最新情報の提供
・統計解析、プログラミング(←勉強中)

コメント

コメントする

目次
閉じる