MENU

レタスの市場価格 変動とその理由 2023年2月

レタス市場価格のアイキャッチ画像
スポンサーリンク

日々変動するレタスの市場価格。変動幅とその理由について情報を集め、発信しています。天候、スーパーの意向、産地の動向によって左右される市場価格の予想は難しいですが、過去の事例を読み解けば自ずと答えが見えてくる!過去の情報と合わせてご覧ください。

※農林水産省の「青果物卸売市場調査」より作成しています。札幌市、仙台市、東京都、横浜市、金沢市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市、高松市、北九州市、福岡市及び沖縄県に所在する卸売市場のデータの集計です。本ブログで示す市場価格は、2022年9月より日本農業新聞の「日農INDEX」から農林水産省の「青果物卸売市場調査」に切り替えました。
「こんなグラフが欲しい」「生産量が知りたい」など、ご要望がありましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

1キロ235円とやや安値 2023年1月28日

1月中旬に急落したレタスの市場価格はその後上昇に転じましたが、平年並み~やや安値にとどまっています。

寒波の影響はあるものの、消費が鈍いようです。

入荷量は少ないまま。サラダ需要が伸びず、定番販売主体の落ち着いた取引

引用:日本農業新聞2023年1月29日

ただ、2月下旬から始まる茨城県産の春レタスに生育遅れが出ているとの情報もあります。

今後のレタス価格の予想は難しく、天候に大きく左右される状況となっています。

【大寒波】冬レタス産地長崎県で凍害が発生 2023年1月27日

温暖な気候により冬レタスの産地として知られる長崎県。

10年に一度といわれる寒波の影響で、レタスが凍ってしまう被害が発生しています。

一見普通のレタスもぱりぱりと凍った音がします。長崎県の農家では2,000株がダメになったそうです。

引用:ANN NEWS 2023年1月27日

2月からは寒気がいったん遠のくようですが、この寒波による品薄、そして価格の上昇は避けられないでしょう。

1キロ219円と平年比1割まで下落 2023年1月23日

年始から市場価格が急落しているレタスですが、寒波の影響で冬レタスの生育が鈍くなり、各産地で出荷量が減少する見込みです。

肥大が遅れて小玉傾向となり、箱数が伸びず品薄感が強まりそうだ

引用:日本農業新聞2023年1月26日

2月まで出荷のメインとなる静岡県産は、低温により出荷ペースを落としています。

2月中下旬より徐々に始まる茨城県産の出荷が本格化するまでは、品薄傾向となりそう。

レタスの市場価格は上昇に転じるものと思われます。

1キロ250円と平年比1割高まで下落 2023年1月14日

レタスの市場価格が急落しています。

年明けの高騰から1週間で1キロ70円の下落となりました。

雨で生育が進んだことに加え、消費が冷え込んでいるようです。

生食需要が減る時期に店頭価格は1玉200円台と高く、荷動きが鈍い

引用:日本農業新聞2023年1月17日

物価高も重なり、レタスが売れにくい状況となっています。

1月下旬の気温低下の予報もあり、今後の出荷量と価格の動きは読みづらいですが、春レタスが出始める2月下旬までは1キロ200~250円台で推移するものと思われます。

1キロ285円と平年比25%高 2023年1月11日

レタスの市場価格が一時1キロ300円を超えるなど高騰しています。

各地1~2週間ほどの前進傾向だったところに冷え込みによる生育停滞があり、12月下旬~1月中旬までの出回りは少ない見込み

引用:東京青果 1月野菜展望 レタス

資材費高騰による作付け減少の影響も加わり、品薄による高値となっています。

年明け以降は比較的穏やかな気候だったため、現在の出荷量は増加傾向とのことです。

今週末の雨がある程度まとまった量となれば、品薄解消によりレタス価格は徐々に下落を始めるものと思われます。

1キロ209円と平年比2割安も上昇続く 2022年12月20日

クリスマスを控えたサラダ需要の高まりを受け、レタスの価格が上昇しています。

クリスマス向けでスーパーの売り込み意欲旺盛

引用:日本農業新聞2022年12月18日

生産地の作付け減少もあり、上昇傾向はしばらく続くものと思われます。

1キロ152円と平年比3割安も上昇中 2022年12月13日

約1か月にわたり下落を続けたレタス相場が上昇に転じました。

12月の寒さが要因のようです。

寒さで肥大抑えられ、一部産地の入荷が減り総量減少。低迷相場は小幅に底上げ

引用:日本農業新聞2022年12月11日

茨城県産の冬レタス出荷終了が近いほか、兵庫県や香川県といった西日本産地の作付面積減少により生産量が減少する時期に入っています。

年末年始の1キロ250円台に向けて価格は上昇していくでしょう。

1キロ118円と平年比4割安 2022年12月5日

レタスの市場価格が低迷しています。

11月上旬に1キロ280円の高値を付けましたが、その後は下落する一方で、ついに平年比4割安となりました。

その理由はほかの野菜と同様、11月の暖かさです。

11月までの暖かさで各産地とも生育が進み、潤沢入荷が続く。(中略) 気温低下で入荷ペース落ち着くが、大幅な減少とはならず、年末の需要期まで厳しい展開が続きそうだ

引用:日本農業新聞2022年12月6日

野菜相場はほぼ全面安となっているので、レタスの価格が下がっても消費が増えてくれません。

本来であれば年末年始の1キロ300円前後に向けて徐々に相場が上がっていくシーズンですが、しばらく安値が続くでしょう。

1キロ194円と平年並みまで下落 2022年11月14日

気温の低下や台風の影響による定植遅れ等により9月下旬から高値傾向となっていたレタスの市場価格ですが、ついに平年並みに戻しました。

11月上旬には1キロ280円に達していましたが、その後10日足らずで90円近くの下落です。

長崎の冬レタス農家さんもこの落胆ぶり。

その理由は、高値となった反動でスーパーが注文を控えているからです。

増量するが、各産地とも生育遅れ気味。前週からの高値反動で売り場狭まり軟調

引用:日本農業新聞2022年11月13日

ただし、11月のレタスの出荷量は資材高騰による作付け減少や台風の影響を受けて平年より少ない見込みです。

平年対比で安値となる可能性は低く、今後は年末年始の1キロ2500円台後半に向けて徐々に値を上げるものと思われます。

※11月19日追記 レタスがさらに値を下げ、平年比2割安の1キロ151円となりました。

スーパーは値ごろ感のあるキャベツの売り場を広げており、仲卸に在庫が残るなど荷動きが鈍い

引用:日本農業新聞2022年11月22日

今週中は安値が続くと思われます。

1キロ272円と平年比3割高 2022年11月5日

一時的かと思われたレタスの高値ですが、11月に入っても終わる気配がありません。

10月半ばに1キロ175円を付けた後上昇が始まり、およそ3週間で100円値上がりました。

11~12月は夏秋レタスの出荷終了と気温低下による生育の鈍化で品薄からの高値になりやすい時期ではありますが、今年は特に高いですね。

何が起きているのでしょうか?

茨城産は生育順調も資材費高騰等から作付けは微減。兵庫・香川産が順次出始めるが、台風による定植遅れ等ありやや少なめか

引用:東京青果 11月野菜展望 レタス

冬レタスは茨城県のような東日本産地と兵庫(淡路島)、香川、徳島といった西日本産地に分かれますが、ともに資材費高騰や台風の影響で出荷量が伸びていないようです。

11月の出荷量は平年を下回る予想となっている中、12月からは静岡県産が始まります。

ただし静岡県も台風15号の影響を大きく受けていますので、その状況次第ではレタスの高値が長期化する可能性があり、注意が必要です。

1キロ238円と平年比5割高 2022年10月21日

レタスが高値となっています。

10月中旬に一度おさまったものの、その後再び上昇に転じ今では平年比5割高にまで上がりました。

その要因は、10月8日にも書いた通り夏秋レタスの出荷終了と冬レタスの苦戦です。

長野県産が切り上り間近のレタスも、品薄高が続く引用:日本農業新聞2022年10月23日

引用:日本農業新聞2022年10月23日

6月以降、日本に出回るレタスのほとんどを占めてきた長野県産の夏秋レタスがいよいよ出荷を終了します。

そのあとに控える冬レタスは夏秋レタスほどの生産量がないため、出荷量は減少傾向です。

さらに、茨城県産を代表とする冬レタスにも異変が。

雨などの影響で後続の出方やや鈍い

引用:日本農業新聞2022年10月23日

10月に入ってからの降雨と気温低下で冬レタスのスタートに遅れが生じている模様です。

ただし、冬レタスの生育自体は遅れがあるものの台風の影響もなく順調とのこと。

西日本では徳島県産や兵庫県産の出荷も始まっていますので、品薄高は一時的と思われます。

※こちらは茨城のレタス農家さん。やはり寒かったようです。

1キロ213円と平年比5割高 2022年10月8日

10月に入り、レタスの市場価格が急上昇しています。

9月末に1キロ180円台だった価格が、10日弱で実に30円以上上昇しました。

確かな情報はないのですが、考えられる理由は以下の二つ。

夏秋レタスの出荷終了が早まった

今年の長野県産夏秋レタスは高温のため生育が旺盛となり、豊作となりました。

その分生育が早く進んだため、平年より早い10月中旬には出荷が終了するという展開に。

いつもより早い夏秋レタスの終了により、レタスの流通量が少なくなり、不足しやすい状況となっています。

気温低下により関東産の冬レタスの出荷ペースが落ちた(のではないか)

出典:気象庁 天候の状況

ここ数日は日本海からの冷たい空気が流れ込み、全国的に気温が低下。

関東産の冬レタスは生育好調で出荷量が増えていたところでしたが、この寒さで生育にブレーキがかかったのではないでしょうか?

茨城のレタス農家さんは防寒着でレタスの収穫をされているようです。

この後は温かさが戻ってくるようですが、来週から再び寒気が流入する予報です。

今年はラニーニャ現象により寒い冬になるとの予報もありますので、葉菜類の市場価格は高値傾向となるかもしれませんね。

1キロ187円と平年比15%高 2022年9月30日

長野県産夏秋レタスの出荷終了が近づいています。

気温高により前倒し出荷となっていたため、9月最終週から出荷量は漸減し、切り上りは10月中旬ごろを見込む

引用:東京青果 10月野菜展望 レタス 長野

今年の夏秋レタスは高温で生育が旺盛となり、出荷量が増えて安値が続きましたね。

その反動として、夏秋レタスの終わりが例年より早まっているようです。

となると品薄からの価格上昇になりそうなものです。実際平年より15%の高値ではありますが、なぜだか9月20より下落に転じています。

その理由は、茨城県産の冬レタスが順調で出荷量を増やしているから。

台風被害なく生育はすこぶる順調。作付けは前年より増えており、豊作基調が見込まれる

引用:東京青果 10月野菜展望 レタス 茨城

茨城県産の冬レタスは11月ごろまで続きますから、その間のレタス価格は平年並み~やや安値となるでしょう。

※追記 茨城のレタス農家さんです。収穫ご苦労様でした!

1キロ209円と平年比1割安もじわじわ上昇中! 2022年9月10日

高温による生育前進で出荷量が増え、安値が続いたレタスの市場価格。

ただし、8月下旬よりじわじわ価格を伸ばし、平年より安値ではあるものの200円台に乗りました。

その要因は天候です。

雨や気温低下で急減した前週並みの入荷

引用:日本農業新聞2022年9月11日

夏秋レタスの主産地である長野県では、気温の低下に加えて雨が多かった模様です。

雨が多いと収穫作業に影響が出るほか、品質低下の恐れも出てきます。

茨城、兵庫といった他産地が登場する9月下旬までは、1キロ200円台前半の比較的高値で推移すると思われます。

※追記 生産者さんからもレタスが品薄との情報が。9月13日現在で1キロ219円ですが、さらに上げるかもしれません。

1キロ138円と平年比1割安 2022年8月29日

平年通り、レタスの価格が上昇しています。

その理由は、気温の低下で長野県産レタスの出荷ペースが落ちているから。

高冷地産気温低下で生育ペース鈍化し週前半減少。

引用:日本農業新聞2022年8月29日

昨年は8月中旬の大雨による病害発生で高騰しましたが、今作は生育順調のようです。

平年通り、1キロ150円前後で推移するでしょう。

1キロ109円と平年比2割安 2022年8月23日

8月中旬の豪雨でレタスの主産地長野県でも一部地域に影響があったようですが、被害は限定的なようです。

今のところ昨年のような高騰は見られず、安値で安定しています。

生育回復し入荷量やや増える。大玉傾向。価格下がりスーパーの引き上向く

引用:日本農業新聞2022年8月21日

暑さも和らぎ始め、生育は順調のようです。

さて、長野県産のレタスの生産量ピークは過ぎつつあり、生産量は10月に向けて下り坂となります。

それに伴い、9月平年の市場価格は1キロ当たり140円~160円に上昇。

今年の長野県産レタスは順調とは言え、これから平年通り徐々に値を上げる展開となるでしょう。

1キロ109円と平年比2割安 2022年8月13日

7月からレタスの安値が続いています。

梅雨明けから気温が上がったためレタスの生育が進み、出荷量が増加しているためです。

また、収穫サイズも価格を押し下げている原因とのこと。

2L級中心でスーパーが求めるL級は少なく売り込みにくい

引用:日本農業新聞2022年8月7日

生育が進んでいるため、収穫に追われてしまって過熟気味となっているそうです。

さて、昨年の市況を振り返ると、9月上旬に1キロ260円台、9月中旬には310円台後半とかなりの高騰がありましたね。

2021年は8月に大雨があり、下葉の痛みや病害の発生で最大産地の長野県が被害を受けたことが原因でした。

今年はというと、やはり台風8号の影響か今後天候が不安定となる予報です。

今後のレタス市場価格は、天候次第で大きく左右されて読めない展開となりそうです。

1キロ98円と平年比3割安 2022年7月31日

7月に入ってからというもの、レタス市場価格の低迷が続いています。

その理由は、出荷量の増加です。

JA長野八ヶ岳は「高冷地ながら気温が30度に届く日があり、適度な降雨もあった結果、作柄良好で平年以上に生育が進んだ

引用:日本農業新聞2022年7月26日

一方で、高温による品質低下により消費は伸び悩んでいるようです。

9月までは長野県産レタスが大部分を占めますが、今後は厳選出荷を徹底し相場の回復を目指すとのこと。

前進出荷の影響もあるでしょうから、レタス市場価格は徐々に持ち直すものと思われます。

1キロ89円とついに平年並みにまで下落 2022年7月6日

6月上旬より続いたレタスの高値が1ヶ月ぶりに解消しました。

干ばつが解消し増量に向かう

日本農業新聞2022年7月3日

6月の上旬〜中旬にかけて続いた梅雨の雨によって生育が進み、収穫量が増加しているようです。

ただし、気になる情報が。

レタスは中旬以降、高温の影響が懸念される

日本農業新聞2022年7月3日

主産地の長野県は冷涼な気候を生かしてレタス栽培を行っていますが、梅雨明け前の6月19日以降は30度超えは当たり前、35度を超える日が連続するなど例年にない暑さに見舞われています。

…長野だけではないですけどね。とにかく暑い!

高温に弱いレタスへの影響は避けられないものと思われます。

7月中旬以降、価格が上昇に転じる可能性がありますね。

1キロ132円と高値続くも来週は下げる見通し 2022年6月22日

主要産地長野県の降雨と低夜温により出荷が遅れています。

そのため21日の日農INDEX(全国7卸の平均価格)は1キロ132円と平年比136%となり、6月としては高価格で推移しています。

この状態はいつまで続くのでしょうか?

来週以降は気温の上昇に伴って増量が進み、相場は下げに転じる見通し

引用:日本農業新聞2022年6月22日

確かに、気象庁の農業気象ポータルサイトによると、向こう1ヶ月の気温は平年より高い予想となっています。

またTwitterでもこんな情報が。


やはり暑くなりそう…!

こうなると逆に心配になるのがレタスの値崩れです。

遅れ分の増量が勢いを増すと、反動安となる可能性もある

引用:日本農業新聞2022年6月22日

本来6月に出荷するはずだったレタスが7月にずれ込むと、本来の7月出荷分と重なって出荷量が増えすぎ、価格を大きく下げるリスクがあるのです。

7月は少なくとも1キロ100円を下回る価格になると思われます。

1キロ134円と平年比2割高! 2022年6月17日

平年であれば1キロ100円前後まで下落するレタスの市場価格ですが、6月下旬時点で1キロ130円台をキープしています。

結果として、レタスの市場価格は平年比2割の高値状態に。

その理由は、やはり6月6日の梅雨入りにあるようです。

入梅した6日は55mmの大雨、その後は曇雨天日や大雨の日が多くなっている。気温は、最高気温が17℃前後で10℃台までしか上がらない日もあり、最低気温が9℃前後で5℃台まで低下する日もある

引用:ベジ探 令和4年度産地・作柄情報 群馬県夏秋レタス

品質良く、規格は2L中心だが、規格ギリギリの大きさ(限りなくLに近い2L)

引用:ベジ探 令和4年度産地・作柄情報 群馬県夏秋レタス

今のところ病気もなく、生育や品質自体は良好とのこと。

天候に左右されはするものの、長野・群馬といった高冷地産のレタスが出荷最盛期であることは間違いありません。

出荷量の増加に伴って徐々に値を下げるものと思われます。

1レタスの生育順調、6月20日以降収量ピークへ!

雨のおかげで長野県産のレタスの出荷が進み、安値に転じたレタス市場。

ここでさらなる生産地の情報が入ってきました。

以下は、入荷量の9割以上を占める長野の状況を指していると思われます。

ほぼ平年並みで順調。6月中旬に短い端境が出る可能性もあるが、20日以降は出荷者がそろいピークに入る

日本農業新聞2022年6月1日

気温の上昇と適度な降雨でレタスの生育は順調のようです。

6月下旬より更に値を下げそうですね。

1キロ122円と平年比1割安 2022年5月29日

日本最大産地である長野県産のレタスが本格化し、出荷量が増加しています。

9割方占める長野産は雨で肥大進んで2L級の割合増加。

日本農業新聞2022年5月29日

今後6月〜9月までの4ヶ月間、全国のレタス生産の9割以上を長野県産のレタスが担います。

2020年8月は梅雨明けが遅れた影響で平年比2倍の高騰を記録しただけに、梅雨入り後の天候に要注意です。

1キロ135円と平年比1割高 ついに長野県産スタート! 2022年5月22日

西の兵庫、東の茨城産が終了し、ついに日本一の大産地である長野産がスタートしました。

長野産はまだ始まったばかりですが、やや出足が鈍いようです。

兵庫県産週内でほぼ終了、長野県産は夜温低く入荷量伸び悩む

日本農業新聞2022年5月22日

確かに、気象庁のデータを見ると5月上旬の日平均気温が平年より2℃も低い13.5℃となっています。

ただし、気象庁の1ヶ月予報によると5/21-6/20までの間平年より気温が高くなる予想となっています。

今後は順調に気温が上がり、出荷量も安定してくると思われます。

一時1キロ200円に達するも141円に下落、平年並みに 2022年4月17日

4月の10日ごろ急上昇したレタス市場。

4/17日現在追いつきを取り戻しましたが、いったい何が起きたのでしょうか。

東西の産地で端境期

東の大産地茨城県では、トンネル作から露地作の切り替わり時期。

一方の西日本では徳島県産が終盤となり、一時的にものが少ない状態に。

西の大産地、兵庫県淡路島は雨が少なく出遅れ

洲本市(淡路島)の気象データを見ると、2月の降水量が30mmを切っています。これは平年の雨量の半分以下の値です。

また収穫前の4月上旬も晴れが続き、平年だと40mm降るはずの雨がわずか1mmにとどまっています。

4月中旬から出荷が始まるのは2月定植の春どりレタスですから、定植直後と収穫前に雨がもらえず生育がやや停滞したようです。

気温上昇にともなって需要が増加

鍋物需要が収束し、サラダ需要が高まる時期に突入。

スーパーは売り場を広げて販売強化体制となり、品薄感が広がりました。

4月17日現在は兵庫県産の出荷が本格化し、平年並みに値を戻したレタス市場。

やや遅れたものの生育は順調のようなので、一大産地の長野県産が始まる5月までの間は130〜140円ほどとなるでしょう。

1キロ190円台に急落し、平年並みの価格に 2022年2月20日

2月上旬に一時キロ260円台をつけた結球レタスの市場価格が急落しています。 

2月19日の日農平均価格は190円となり、10日間で70円以上の下落幅です。 

1月下旬から高値が続いてきた結球レタス市場に何が起きているのでしょうか。 

低温と干ばつでレタスの入荷量が一時減少し、高値に

全国的な寒波と干ばつの影響で、葉菜類を中心に出荷量が減少しました。 

それに加え、主力の静岡県では降雨が続いたことによる収穫遅れも響いているようです。 

例年この時期は1万〜1万2000ケース(1ケース10キロ)で推移する1日出荷量が、現在は8000ケース程度

日本農業新聞2022年2月15日

そもそも1月までは安値が続いた葉菜類。 

特売を組んだスーパーが多く取り合い状態となり、価格上昇に拍車をかけました。 

干ばつが解消し、高値解消へ 

収穫遅れを招いた降雨ですが、同時に干ばつによる出荷量減少を解消へと向かわせました。 

関東の茨城・静岡、西日本の兵庫・徳島を中心に、2月中旬から出荷量が増加しています。 

しかし、価格下落の要因はこれだけではないようです。 

高値疲れでに動きは鈍化する見通し。産地からは反動安を懸念する声も聞かれる

日本農業新聞2022年2月15日

一時は平年比3割高となった結球レタス市場。 

スーパーが仕入れを控える結果となり、実際入荷量の増加を待たずして下落が始まりました。 

仕入れは割安のハクサイに流れたようです。 

3月からは本格的な春レタスシーズン突入、価格下落が続く見込み 

茨城、徳島県産の春レタス収穫開始により、レタスの生産量は3月から急増します。 

それに伴って市場価格は200円を切り、6月の100円前後まで下落基調が続くのが例年の値動き。 

今後の主力産地となる茨城県、兵庫県の動向に注目です。

1キロ202円と前日比9円高! 2022年1月24日

レタス 価格の上昇が続いています。

その理由は干ばつと寒波の影響。

各産地の状況を見てみましょう。

まずは静岡県。

今季は12月中旬以降の寒波や干ばつで肥大が抑えられ、L級中心。

日本農業新聞 2022年1月25日

12月から2月まで生産量トップを走る静岡県、肥大はやや抑えられているものの、出荷ペースはなんとか平年並みを維持しているようです。

続いて兵庫県。

年明け以降も低温と干ばつで小玉傾向となり、例年より少ない出荷が続く。

日本農業新聞 2022年1月25日

西日本随一の冬春レタス 産地である兵庫県淡路島。天候の影響を大きく受けたほか、作付け面積の減少も響いているようです。

例年であれば気温の上昇とともに出荷量が増えていく時期ですが、しばらく低温が続く見込みで価格は高止まりする予想です。

1キロ147円と前日比15円高! 2021年12月15日

寒さでレタス 出荷量が減少しています。

そしてこれからやってくるのが年末商戦!

年末の需要期に向けて引き合いは強まり、強めの展開で推移する

日本農業新聞 2021年12月15日

そう、年末は食品が最も売れる時期なのです。

クリスマスにお正月、野菜が売れますね。

1キロ111円と平年比4割安 2021年11月16日

茨城県産が年内最後のピークを迎え数量が増えている

日本農業新聞 2021年11月16日

ん?年内最後?

どういうわけなのかわからないので、いつもの「野菜情報」にアクセス!

…確かに!

東京では10月、11月とレタスの出荷量トップが茨城県です。

ただし12月は減少、そして3月4月再び出荷量トップに。

これはどういうことなのでしょうか。

今度はお野菜情報の産地紹介をのぞいてみましょう。

主要品目のレタスは、茨城県の県西地区を中心に栽培され、春レタス(3~5月)と秋レタス(10~12月)の年2回栽培からなっています。

産地紹介 岩井市農業協同組合 (茨城県岩井市)より

なるほど、レタスの大産地茨城県は、春レタスと秋レタスの2作に別れていたのです!

ちなみに、品種は横浜植木さんの「ラプトル」が多いそう。

ちなみに、今後も高値は期待できないみたい。

茨城県産のピークが過ぎれば数量は減るが、当面は引きが弱いまま

日本農業新聞 2021年11月16日

ホテルなど業務需要の低迷が大きいようですね。

1キロ88円と平年の4割安 2021年10月19日

台風被害もなく温暖な気候が続いた結果、結球野菜が全面安の展開に。

9月下旬の半値に落ち込む。長野県産は「遅れ分が出て最後の山ができた。例年通り今週で大方終了する。

日本農業新聞 2021年10月19日

後続の茨城県産も順調であり、今後も安値基調が続く見込み。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする