ダイコンの市場価格 変動とその理由 2021年11月9日最新版

市場価格

日々変動するダイコンの市場価格。変動幅とその理由について情報を集め、発信しています。天候、スーパーの意向、産地の動向によって左右される市場価格の予想は難しいですが、過去の事例を読み解けば自ずと答えが見えてくる!過去の情報と合わせてご覧ください。

1キロ48円と平年比35%安の展開、緊急需給調整実施の可能性あり

温暖な気候で出荷が前進し、市場にダイコンがあふれています。

と同時に、業務需要が低迷。

大口の需要が戻らず、太物がだぶついている

日本農業新聞 2021年11月26日

街のおでん屋さんも儲かっていないのでしょうか。サンマが不漁で大根おろしが出ないのでしょうか。

業務用が余ってスーパーの家庭消費頼みが現状のようです。

千葉県産のダイコン、大ピンチです。

みなさん、おでんが美味しい季節ですよ。ダイコン食べましょう。

1キロ53円と平年の3割安 例年にない暖かさで出荷量増える 2021年11月9日

気象庁 10月の天候より

ようやく秋らしくなってきましたね。

しかし天候の変化に一足遅れてやってくるのが野菜の相場。鍋物野菜が10月の暖かさの影響を大きく受けています。

10月以降の主産地である関東、九州で出荷ペースの高い日が続いています。

JA全農ちばによると…(中略)…平年比2割増。2L級の太物が45%と例年(40%)より多い

日本農業新聞 2021年11月9日

ところが、売れ行きは今ひとつ。

暖かさでお鍋の季節本番!とはいかず、またコロナの落ち着きで外食が増えてスーパーの野菜売り上げが減少しているようです。

ダイコンはカット売り主体で量が出ない

日本農業新聞 2021年11月9日

11月に入り気温もぐっと下がってきました。

平年並みの価格に期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました