ホウレンソウの市場価格 変動とその理由 2021年11月9日最新版

市場価格

日々変動するホウレンソウの市場価格。変動幅とその理由について情報を集め、発信しています。天候、スーパーの意向、産地の動向によって左右される市場価格の予想は難しいですが、過去の事例を読み解けば自ずと答えが見えてくる!過去の情報と合わせてご覧ください。

福岡県産増量で1キロ414円と前市比42円安。2021年11月9日

alic 野菜ブックより

9月10月と雨が少なかったですね。特に九州では「干ばつ」と言われる状態に。

まだまとまった雨は少ないですが、気温が下がるとともにようやく葉物野菜の出荷量が増えてきました。

大阪市場では、例年11月が産地の切り替わり時期。高冷地の岐阜県産が減り、暖地の福岡、徳島県産が増える時期に当たります。

その福岡県産は現在増量に転じ、全国的にも出荷順調なようです。

関東産も順調で、全国的にも出回りが増えている

日本農業新聞 2021年11月9日

日農平均価格は平年比70%と安値が続きますが、安い分販売は好調。

当面この価格が続く見込みです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました