MENU

【耐裂果・収量安定・おいしい】ミニトマト品種「TY千果」の実力を徹底調査!

「TY千果」はタキイ種苗が育成したミニトマト品種です。

「TY千果」特性の概要は以下の通り。

  1. 裂果に強く、可販果率が高い
  2. 果実サイズが揃い、収量安定
  3. おいしい!

割れるミニトマトが多くて収量が少ない、果実サイズの揃いが悪くてくず果が多いといったお悩みを解決してくれるかも!

その実力や評判について調べてみました。

目次

ミニトマト品種「TY千果」の特徴

適作型周年
秀品率耐裂果性に優れ、高い可販果率
品質食味に優れ、つやのある果色
収量早生種で安定した収量性
耐病性黄化葉巻病ほか
タキイ種苗品種カタログをもとに作成

「TY千果」の特徴①:裂果に強く、可販果率が高い

ミニトマトの栽培は裂果との戦いです。

樹勢が強い、水をやりすぎた、曇天明けの快晴、湿度の変化…

裂果の要因は様々ですが、いずれにせよ裂果した果実を出荷することはできません。

場合によっては収穫の半分近くが割れてしまって出荷できないこともあり、可販果収量を伸ばすためには裂果対策が必須です。

そしてもう一つミニトマトの品質に関わる特性として、へたの強さがあります。

収穫した後の調整時にへたが取れてしまったりへたがしなびてしまったりすると等級を落とされてしまうことも。

「TY千果」はこうした裂果や見た目の美しさにこだわって選抜された品種です。

収穫した果実を無駄なく出荷できるため、収益の向上を狙うことができます。

参考:

こちらは栃木県農業試験場によるTY千果の可販果収量のデータです。

「TY千果」は可販果収量が高くて糖度も申し分なし!

TY千果の収量
出典:栃木県農業試験場ニュースNo.394 令和 2(2020)年 4 月

「TY千果」の特徴②:果実サイズが揃い、収量安定

ミニトマトの収量は花数で決まります。

基本的には果房が長い、ダブル果房など花数が多い品種が好まれますが、注意したいのはその揃いと安定性。

花数が多い品種にありがちなのは、以下のような欠点です。

  • 時期によっては花数が増えすぎ、収量が安定しない
  • 果房が長すぎて先端の果実のサイズが販売できないほど小さくなる(クズ果)。

一方「TY千果」はそれほど花数の多い品種ではありませんが、一年を通して花数が比較的安定します。

また果房の根元と先端の果実サイズがよく揃うので、クズ果が少なく廃棄が少なくて済みます。

その結果安定して出荷を続けることができ、最終的な総収量を多く稼ぐことができるのです。

「TY千果」の特徴③:おいしい!

タキイ種苗の千果シリーズの売りは、なんといってもそのおいしさです。

糖度の高さはもちろんのこと、甘さと酸味とコクのバランスが絶妙!

初代「千果」以来、バージョンアップでたくさんの兄弟品種が生まれていますが、そのおいしさはずっと受け継がれています。

参考:機能性野菜品種
あわせて読みたい
生鮮ミニトマトで国内初の「機能性表示食品」販売開始 | イノチオみらい株式会社 生鮮ミニトマトで国内初の「機能性表示食品」販売開始 - 野菜等の農産物の生産および販売。愛知県豊橋市

タキイ種苗は「ファイトリッチシリーズ」というブランドを立ち上げ、機能性成分を多く含む品種の開発を行っています。

「TY千果」もその一つ。リコピンを多く含むほか、GABAを基準値以上含有するため、農林水産省の機能性食品制度を利用して有利販売につなげることができます。

ミニトマト品種「TY千果」に対するユーザーの反応

それでは、「TY千果」のユーザーの方々の反応を聞いてみましょう。

産地の声

「TY千果は収量もまずまずで、玉の大きさも問題ない。「千果」シリーズは味の良さが気に入っているので、今後もメインで使い続けたいですね

引用:2019タキイ最前線 春種特集号 JA愛知みなみトマト部会

裂果のリスクのある時は早めに収穫しなければなりません。けれど、劣化しにくい「TY千果」なら完熟に近づけてから収穫できます

引用:タキイ最前線 産地ルポ JA香川

耐裂果、収量、味、どれも狙い通りの評価ですね。

ネットの反応

TY千果は、病気に強く安定した収量もあり糖度も乗りやすい子です
形の揃った真ん丸赤色のミニトマト

品種はTY千果メインのサマー千果サブです。
品種試験やりまくってますが、今のところ総合力が一番高いのはTY千果ですねー

味、色味、収量、育てやすさ、などなど総合力が高い感じがします。安定のTY千果。

前作は甘みが強く感じられるお味で大変ご好評頂きました
今度の千果達も楽しみ

2017年の発表以来、「TY千果」はミニトマト品種の定番として定着してきた感があります。

中にはこんな反応も…

TYの方が栽培後期の衰えが少なく長期栽培に向いています。あと裂果が少ないですね。
ただ食味はCFのほうがいいので、割れが問題にならなければ自分もCFを作りたいです。

CFとは「CF千果」のこと。千果シリーズの中でTY千果より前に出た品種です。

「TY千果」は黄化葉巻病(TYLCV)の耐病性や耐裂果性など基本性能がレベルアップしましたが、味は「CF千果」のほうが上だったとの評価です…

長年「CF千果」を作り続けてきた農家さんにとっては、味が少しでも変わることに抵抗を持つ方もおられるみたい。

こればっかりは作り比べてみないと分かりませんね。

まとめ:「TY千果」はロスが少なくて収量を稼げる、おいしいミニトマト!

食品ロスが社会問題となりつつある中、裂果やクズ果が少ない「TY千果」のような品種が今後も求められるでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トマトTY千果 1000粒タキイ交配
価格:40500円(税込、送料無料) (2022/11/24時点)


※少量袋(9粒)はこちらから

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる