バケツ水耕栽培でパクチーを栽培しよう!

水耕栽培

パクチーはお好きですか?

もっとも好き嫌いの分かれる野菜、スーパーで置いてあってもすごく高いんですよね。

好きな人は好き、パクチーだけをサラダにして頬張る人もいるほどです。

こんなハーブ類こそ、家庭菜園で作るとコスパ最強!

というわけで、パクチーを無印良品のバケツを使って水耕栽培してみましょう!

バケツ水耕栽培は無印のバケツで

バケツ水耕栽培についてはこちらから。

このバケツ水耕栽培、大抵の植物で応用できるのがいいところ。

ちなみに溶液は、ハイポネックス 微粉を500倍で作っています。

パクチーの種をロックウールでまく!

上の写真、パクチーの種のようですが、これは果実なのです。

この硬いからの中に、本当の種が入っています。半月型です。

指でゴリゴリと潰すと中のたねが出て来るので、そいつをロックウールに播種します。

真ん中に穴を開けて放り込み、水を浅くはったバットにおいておくだけ。

こんな感じ。

2週間後、無事に苗が仕上がってまいりました

室温とはいえ2月。夜温は10℃を切りますが、本葉が少しずつ見えてきました。

ここまで来ると、ロックウールの下から根が見え始めます。

バケツに植え替える時期です。

こんな感じ。

こんな頼りない苗、いつになったら収穫できるのでしょうか。

さらに3週間後、もう収穫できるがな…

見てください。もう完全に大人のパクチーです。

近くと、ほのかにパクチーの香り(^ ^)

たまらん。

ちなみに、根っこの様子はこちら。

真っ白のキラキラですやん。

健全な証拠です。

文句なし。

パクチーを播種して1ヶ月。1回目の収穫量やいかに

美しい( ´∀`)

まさに食べごろ、でも刈り取ってしまうのがもったいないくらいですね。

さて、記念すべき第一回の収穫量は?

87gです。

ちなみに、パクチーの取引価格はこんな感じ。

¥500-900/100gくらいのようです。

正直、今回の収穫でバケツ代と種子代を回収できています。

しかも、まだまだ採れる、というか無限に収穫できます。

パクチーの再生能力、恐ろしいぜ…

収穫後、2週間もすればもうこんなに。

どんだけ強いねん。

さらにもう2週間すると…

抽苔して、花が咲きます。

可愛いですね。

まだまだパクチーを楽しみたければ、抽苔した茎は切り取って葉っぱばかり出せば良いのです。

まさに無限、パクチー天国です。

バケツ水耕栽培でパクチーを栽培すれば、早春の寒い時期でも室内で簡単に栽培できてコスパ最強!

パクチーファンのみなさん、お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました